しずおか 安全・安心 まちづくり

  1. ホーム
  2. お知らせ

お知らせ

お知らせ

全国地域安全運動・全国暴力追放運動用のポスターと標語・青パト写真を募集中!

趣旨 毎年10月11日(日)から20日(火)までの間、全国一斉に行われる「全国地域安全運動」及び年間を通じて実施している「全国暴力追放運動」を啓発するためのポスター・標語及び青パト写真を募集するものです。
募集要領 「ポスターと標語・青パト写真を募集します!」のとおり、部門及び課題別に作品を作成していただきます。
なお、ポスター・青パト写真につきましては、裏面に「ポスター・青パト写真応募用紙」を貼ってください。
また、青パト写真につきましては、個人が特定できる場合、必ずその肖像権等につきましてご本人の許可をいただいたうえで応募してください。
作品提出要領 作品は、地元警察署の生活安全課に事務局を置く各「地区防犯協会」に直接提出していただくか、または(公社)静岡県防犯協会連合会に直接送付していただく方法により提出をお願い致します。
提出締め切り 平成29年5月31日(水)までにご応募ください。
作品の審査 応募された作品については、(公社)静岡県防犯協会連合会において審査し、入賞(最優秀、優秀、佳作)の作品を決定いたします。
入賞者の方の表彰を行うとともに、入賞作品すべてを全国コンクールに提出して応募いたします。
お問い合わせ (公社)静岡県防犯協会連合会(電話054-254-3750)
または地元警察署の生活安全課に事務局を置く各「地区防犯協会」あてにお願いします。

防犯ボランティア地域交流会を開催しました。

長澤講師による講演

平成28年11月14日(月)、アクトシティ浜松におきまして、「平成28年度防犯ボランティア地域交流会」を開催しました。

この交流会は、防犯ボランティア活動を行っている方々等が、活動状況の発表とこれに対する意見交換を行うことで、それぞれの今後の活動に生かしていくことを目的に、毎年この時期に開催しているものであります。

本年度は、県内の西部地区において活動中の100人の方に参加いただき開催いたしました。

交流会は、最初にNPO法人浜松子どもとメディアリテラシー研究所代表の長澤弘子氏が「情報化時代に生きる~ネットやスマホ、知らないではすまされない?~」のテーマで講演されました。

その後、各地区において活動をされている5団体の代表の方が、それぞれの具体的な活動状況についての紹介や実演をされて発表を行い、それぞれの活動の更なる活性化と相互の連携の強化を確認し合いました。

  • 磐田地区の方々による寸劇

  • 天竜署長も「ウサギ署長」となって
    発表に飛び入り参加

地域安全のつどいを開催しました。

表彰式の様子

全国地域安全運動期間中の平成28年10月12日(水)、静岡市葵区内において、防犯ボランティア団体の関係者約300人が参加し、静岡県警察本部との共催による「平成28年度地域安全のつどい」を開催しました。

第1部では、全国防犯協会連合会防犯栄誉銀章等の表彰伝達(受賞者6人)、地域安全活動等に対する静岡県防犯協会連合会会長及び静岡県警察本部長連名の表彰(受賞者37人)を行った後、(公社)静岡県防犯協会連合会の栗原理事長と静岡県警察本部の森田生活安全部長がそれぞれ挨拶を行いました。

そして、参加者を代表してヤング防犯ボランティアとして活動中の常葉大学4年の鈴木康平様と杉山大介様が「みんなでつくろう 安心の街」を合言葉に、安全で安心して暮らせる地域社会の実現のため、一層の努力をすることを宣言します旨の「つどい宣言」をされました。

第2部では、常葉大学准教授の木村佐枝子氏が「地域連携による大学生の防犯ボランティア活動~若者の防犯力育成を目指して~」の演題による講演が行われ、学生の行っている防犯ボランティア活動の状況を紹介されるとともに、これらの活動は地域との連携が必要であることを強調されました。

そして最後は、静岡県警察音楽隊による演奏と特殊詐欺被害防止のための寸劇で楽しみました。

  • 大学生による力強い「つどい宣言」

  • 県警音楽隊の演奏と寸劇

全国地域安全運動中央大会で本県関係者が金章等を受賞しました。

本県関係受賞者の皆様
(東京、明治記念館中庭にて)

平成28年9月29日(木)、東京都港区内の明治記念館において、(公財)全国防犯協会連合会と警察庁が主催する全国地域安全運動中央大会が開催されました。

同大会では、防犯栄誉金章等の表彰が行われたのですが、本県関係では3人、2団体がこの賞を受賞されました。受賞された方々(団体)は以下のとおりです。
○ 防犯栄誉金章

  • 沼津地区 山本秀次 様
  • 榛南地区 水野 吏 様
  • 磐田地区 寺田佳弘 様
○ 防犯功労団体
  • 下田警察署地域安全協議会 様
○ 防犯ボランティア団体
  • 藤枝警察署大洲駐在所地域安全推 進員連絡会 様
受賞者の皆様、おめでとうございます。長年の活動に感謝申し上げます。

平成28年度地域安全ニュースコンクールを開催しました。

真剣な審査を行う審査員

平成28年9月16日(金)、静岡市葵区内におきまして、平成28年度地域安全ニュースコンクールを開催しました。

地域安全ニュースとは、地元住民の方々にご覧いただくため各地区防犯協会に所属する防犯指導員が作成する防犯広報紙をいいます。

コンクールでは、警察関係者のほか報道機関の記者も審査に加わり、出品された27点の作品について、企画・文章・構成・その他の項目別に審査しました。

その結果、次の作品が入賞となり、最優秀及び優秀賞には(公社)静岡県防犯協会連合会会長及び静岡県警察本部長連名の表彰状が、佳作には審査委員長の静岡県警察本部生活安全部長から表彰状が授与されました。

○ 地域安全ニュースコンクール入賞作品

最優秀 下田警察署管内防犯協会「安心のまち」
日吉美千子防犯指導員作成
優秀 菊川警察署管内防犯協会「夢希求」
牛木ひさ江防犯指導員作成
佳作 御殿場警察署防犯協会「金時山」
勝亦香織防犯指導員
佳作 富士防犯協会「バラ通信」
高橋和華防犯指導員作成
佳作 細江警察署管内防犯協会「きたのまもり」
磯部好美防犯指導員作成

全国地域安全運動・全国暴力追放運動ポスター・標語・青パト写真コンクールを開催しました。

毎年恒例のポスター・標語コンクールで、本年は、①子供・女性の犯罪被害防止、②振り込め詐欺を始めとする特殊詐欺防止、③暴力団離脱者就労支援の3つの課題を設け、また、青パト写真の部も設けて、平成28年6月22日(水)、「全国地域安全運動・全国暴力追放運動ポスター・標語・青パト写真コンクール」を行ました。

応募はポスター134点、標語636点、青パト写真24点であり、これらについて審査、それぞれ最優秀・優秀・佳作の入賞作品を選考しました。

入賞作品は、今後の地域安全運動や暴力追放運動の広報・啓発活動用として活用させていただくとともに、佳作となった作品等と合わせて、ポスター10点、標語21点、青パト写真8点を全国防犯協会連合会・警察庁等が主催する全国コンクールに応募致しました。

たくさんの応募をいただき、ありがとうございました。

最優秀・優秀作品は、以下のとおりです。

○ ポスター入選作品

最優秀 1点

(特殊詐欺防止)

県立伊東高校城ケ崎分校3年
鈴木 結加里さん

優秀 3点

(子供・女性の犯罪被害防止)

御殿場市立原里中学校3年
瀬戸 千緒里さん

県立小笠高等学校2年
西村 柚香さん

(特殊詐欺防止)

藤枝順心高校3年
浦田 沙希さん

○ 標語入選作品

最優秀 1点

(特殊詐欺防止)

合言葉 家庭を守る 愛言葉
県立佐久間高校2年 大木 愛未さん

優秀(小・中・高の部 2点)

(子供・女性の犯罪被害防止)

声掛けが 地域の犯罪 防ぐ鍵
県立佐久間高校2年 吉村 実紘さん

(子供・女性の犯罪被害防止)

その言葉 子供を守る 盾となる
河津町立河津中学校2年 濱野 彩夏さん

優秀(一般の部 1点)

(子供・女性の犯罪被害防止)

ご近所の 瞳が照らす 子らの笑み
焼津市 山口 秀夫さん 69歳

○ 青パト写真入選作品

最優秀 1点 優秀 1点

(こんにちは さようなら)

静岡市葵区
松田 正さん 79歳

(興味津々)

富士宮市
稲葉 實子さん 69歳

このページのTOPへ