しずおか 安全・安心 まちづくり

  1. ホーム
  2. お知らせ

お知らせ

お知らせ

全国地域安全運動・全国暴力追放運動用向けポスター・標語・青パト活動写真コンクール審査会を開催しました。

審査会場の状況

審査会場の状況

閉会式の状況

令和4年6月15日(水)、静岡市葵区内において、全国地域安全運動・全国暴力追放運動向けポスター・標語・青パト活動写真コンクール審査会を開催しました。

本年度のテーマは、ポスターが「幅広い世代が参加する防犯ボランティア活動」、標語が「暴力団への加入阻止」、青パト活動写真が「青色回転灯装備車の活動中の写真」のそれぞれ1テーマであり、本年度の応募は、ポスター61作品、標語429作品、青パト活動写真44作品の応募となりました。

審査会において入選した作品は、本年度の全国地域安全運動や全国暴力追放運動の広報・啓発活動に活用させていただくとともに、(公財)全国防犯協会連合会・警察庁が主催する全国コンクールに応募いたしました。

たくさんの応募をいただき、ありがとうございました。

▼ 各部門の最優秀作品は、以下のとおりであります。

ポスターの部 (テーマ「幅広い世代が参加する防犯ボランティア活動」)

最優秀 1点
ポスターの部 最優秀賞

周智郡森町 高校3年生
藤田 穂香さん

○ 標語の部

最優秀 1点

テーマ「暴力団への加入阻止」

暴力団 あなたの居場所は そこじゃない
静岡市 小学5年生 川越 翔生さん

○ 青パト活動写真の部(テーマ「青色回転灯装備車の活動中の写真」)

最優秀 1点

タイトル「青パト出発 いつもありがとう」

青パト活動写真の部 最優秀賞

袋井市 団体職員
齊藤 佳子さん

静岡県自動車整備振興会、日本マクドナルド株式会社から防犯啓発グッズの寄贈を受けました。

防犯ホイッスル贈呈式の状況

当防犯協会連合会は、3月中に日本マクドナルド株式会社から県下の新小学1年生に対する防犯啓発グッズである防犯ホイッスル約32,000個の寄贈を受け、各地区防犯協会等を通じて県下各小学校へ配布されました。

また、3月24日(木)、静岡市駿河区の(一社)静岡県自動車整備振興会事務所において、同振興会会長から当防犯協会連合会専務理事が「こども110番の店」の防犯啓発グッズ(鉛筆、消しゴム、チラシ)の8,000セットの寄贈を受けました。

県下の2,630事業所の「こども110番の店」参加事業所から、市町の教育委員会等を通じて、全ての新1年生約29,000人に同防犯啓発グッズが配布されました。

  • 日本マクドナルド㈱からの寄贈品

  • 県自動車整備振興会からの寄贈品

スズキ株式会社から寄贈された地区防犯協会車2台の贈呈式を開催しました。

レプリカの贈呈

当防犯協会は、浜松市西区のスズキ株式会社から、地域の安全安心まちづくりを推進する活動を支援するとして、榛南防犯協会、磐田警察署管内防犯協会に対する防犯協会車(ワゴンR ハイブリッド)2台の寄贈を受け、3月18日(金)に牧之原市防災研修センターにおいて同車両の贈呈式を行いました。

贈呈式では、スズキ株式会社から舞田相良工場長以下4人が出席し、舞田氏から車両の目録(レプリカ)を当協会渡邊専務理事、両防犯協会会長が手渡され、今後、両地域の地域安全活動で活用されます。

スズキ株式会社からの防犯協会車の寄贈は、令和3年5月26日の2台に次ぐものであり、令和3年中に合計4台の寄贈を受けました。

  • 榛南防犯協会長あいさつ

  • 関係者の記念撮影

サイバーセキュリティ作品コンテスト審査会の開催と優秀作品作成者を表彰しました。

静岡県警察本部と当連合会は、県民のサイバーセキュリティに対する関心の向上と理解を深めることを目的として、静岡市内のデザイン専門学校の学生を対象に「デザイン部門」と「動画部門」の作品を募集し、2月14日(月)、静岡中央警察署において同コンテストの審査会を開催し、部門ごとの最優秀作品、優秀作品の4作品の入選者に対する表彰を3月16日(水)に警察本部生活安全部長室で行いました。

  • 審査会の状況

  • 受賞者の皆さん

▼ 受賞者の皆さんは次のとおりです。

○ 動画部門

最優秀賞

タイトル「サイバー犯罪は悪質です」

髙橋 真希さん

優秀賞

タイトル「1分でわかるインターネット犯罪の対策」

鈴木 遼さん

○ デザイン部門

最優秀賞 優秀賞
デザイン部門 最優秀賞

相馬 春香さん

デザイン部門 優秀賞

白鳥 怜香遼さん

ブロック別防犯指導員研修会を開催しました。

西部地区研修会の開催状況

県警察本部と当連合会は、1月17日(月)、浜松市の静岡県総合庁舎において西部地区防犯協会職員を集めて「防犯指導員研修会」を開催しました。同研修会では当連合会の専務理事の挨拶に続き、今後の防犯協会運営に関して、警察本部担当官等からの指示や連絡を行いました。なお、新型コロナウイルス感染防止のため、東部・中部ブロック別研修会は中止としました。

永年勤続表彰の状況

また、地区防犯協会長期勤務者の下田地区、静岡南地区の防犯指導員2人に対し、永年勤続表彰を行いました。

令和3年度秋の防犯功労者、団体に対する表彰伝達を行いました。

防犯栄誉金章受賞者2人への表彰伝達

例年であれば、9月開催の「全国地域安全運動中央大会(東京)」及び10月開催の「地域安全のつどい」において、受賞者・団体に対して各種表彰、表彰伝達をしているところですが、本年度は新型コロナウィルス感染防止のため、上記大会が開催中止となったことに伴い、各種の防犯功労者・団体等への表彰が警察本部長、生活安全部長、各警察署長、各地区防犯協会長からの伝達となりました。

警察庁長官・公益財団法人全国防犯協会連合会長連名表彰の防犯栄誉金章の受賞者2人には、令和3年11月26日(金)警察本部において、山本県警察本部長から表彰伝達され、防犯栄誉銀章の受賞者4人には、各警察署において北澤生活津安全部長等から表彰伝達がされました。

防犯栄誉銀章受賞者4人への表彰伝達

  • 沼津地区

  • 富士地区

  • 静岡南地区

  • 浜松中央地区

令和3年度・令和4年度の防犯功労等での受賞者・団体は次のとおりです。(敬称略)

久保ひとみさんを「しずおか関所作戦」広報大使に委嘱しました。

委嘱状の交付

静岡県警察本部、当連合会は、依然として多発する特殊詐欺被害を防止するため、令和3年9月14日、警察本部16階特別会議室において、浜松市南区在住のタレントの久保ひとみさんを「しずおか関所作戦」広報大使に委嘱しました。

委嘱式では、久保ひとみさんに北澤生活安全部長から広報大使の委嘱状が交付され、「特殊詐欺被害が1件でも減る事を願い、心に響く広報活動に努めて参ります。」と久保広報大使から決意表明がなされました。

山本警察本部長との記念撮影

今後、久保広報大使には県民へのテレビ、ラジオ等での動画、音声での特殊詐欺被害防止広報やポスター、チラシ等での広報に取り組んでいただきます。

県防連は「しずおかランニングパトロール」活動を応援しています。

しずおかランニングパトロール(以下、「SRP」と称します)は、静岡新聞社・静岡放送が企画・運営し、静岡県警が推奨しているもので、市民ランナーがお揃いのTシャツ姿で数人の集団となって静岡県内各地を走りながら地域防犯パトロールを行うボランティア活動であり、平成30年10月に発足しました。

(公社)静岡県防犯協会連合会ではこの活動の趣旨に賛同して協賛しており、今後の活動を支援して参ります。

平成30年10月13日、SRP登録ランナーの結団式が静岡市駿河区でランニング愛好家の芸能人森脇健児さんを招待して開催されました。

平成30年11月から、県内を数ブロックのエリアに分け、それぞれの拠点場所から「しずおかをろう。しずおかをろう。」を合言葉に月1回エリアごとに実施する「定例SRP」と登録ランナーが中心になって自主的におこなう「自主SRP」により活動することになっております。

街のどこかで「SRP」の文字の入った黄緑色のTシャツを着たランナーに出会うことがあるかもしれません。お互いに挨拶を交わしながら、みんなで犯罪のない安心の街を作って参りましょう。

このページのTOPへ